寝る間も惜しんで仕事を掛け持ちでやって自力で返済する

借金返済方法を論理的に考えるTOP > 寝る間も惜しんで仕事を掛け持ちでやって自力で返済する

寝る間も惜しんで仕事を掛け持ちでやって自力で借金を返済する方法

「寝る間も惜しんで仕事を掛け持ちでやって自力で借金を返済する」方法ですが、これは文字通り、寝る間を惜しむということで、身体を壊す可能性が高いです。

借金を完済する前に身体を壊すと、入院費がかかったり、その間、働けなくなってしまいますので、相当身体が丈夫でないと、現実的には厳しいかと思います。

仕事を掛け持ちする場合は、体力仕事ばかりやらず、知的労働も兼ねたほうが長続きする可能性は高いです。

あとは、誰もがやりたがらない3K(「きつい (Kitsui) 」「汚い (Kitanai) 」「危険 (Kiken)」)の仕事をやるかでしょうね。

今なら、福島原発系の仕事もありますが、これは命がけですし、後々、放射能による後遺症が出る可能性があります。

水洗便所が普及していなかった頃は、バキュームカーの掃除というのも高額な報酬がもらえたようですが、今は下水道が整備されていない田舎でしかバキュームカーはありませんし、なにより、バキュームカーの掃除をすると、臭いが身体に染み付いて他の仕事ができなくなる可能性が高いです。